本文へスキップ

大阪行政相談委員協議会は皆様の身近な相談相手です



TEL.
06-6941-8358 〒540-8533 大阪市中央区大手前4-1-67

総務省近畿管区行政評価局行政相談課内

平成28年度 行政相談所活動


毎月実施している定例相談とは別に、10月の行政相談週間を中心に一日合同相談所及び特設相談所を開設しています。
また、日頃買い物をする商店街や集客施設などに「暮らしと行政なんでも相談」相談所を開設し、国の仕事のことや身辺の困りごとなどの相談をお受けして、その解決や実現の促進を図っています。
相談項目は行政相談・年金相談・法律相談・税務相談・登記相談などです。



平成28年度「暮らしと行政なんでも相談」の開催

 日  時  平成28年11月18日(金)午前10時〜午後4時
 場  所  和泉市コミュニティセンター 1F 大集会室
 相談受付  法律、税金、年金、登記、行政、男女共同参画


大阪行政相談委員協議会のモットーである「行動する地相協」、「実践する行政相談委員」に係る事業活動として平成21年度から始めた当協議会主催の「暮らしと行政なんでも相談」は、今回で第9回目を迎えました。

開所式における田毎会長の挨拶

会場の様子(受付)



穏やかなお天気に恵まれた当日、関係者一同が午前9時50分から開所式に臨みました。
まず、田毎地相協会長の主催者挨拶、続いて開催地の宮ア和泉市副市長、後援機関を代表して茂垣近畿管区行政評価局長のご挨拶を頂きました。 受付開始前から数人の方が相談に来られ、最初はかなりお待たせしましたが、その後は、ちょうどいい具合に相談者が来てくださり、長くお待ちいただくこともなく、43件の相談をお受けしました。中でも相続税の改正もあって相続に関する相談が多かったようです。

会場の様子(相談対応)

当日のPR活動



当日も、「暮らしと行政なんでも相談」の利用を呼びかけるために午前・午後に分かれて、泉州支部の行政相談委員等の方々が市役所周辺や最寄り駅近くの量販店前などで広報ティッシュとチラシを配っていただいた結果、相談所に足を運んで相談された方もありました。
また、予め和泉市内に多くのポスターを貼っていただいたおかげで「ポスター見たよ。」との声も聞かれ、「行政相談委員制度」に少しは関心をもっていただけたかなと感じました。

閉所後の集合写真

相談会終了後の反省会には、辻 和泉市長が、お忙しい中わざわざ労をねぎらうためにご挨拶に駆けつけてくださり、恐縮しました。

反省会は和やかに話が弾み、相談に来られた方から「今日、(相談所に)来て良かったです。ありがとう。」とお礼の一言をいただいたとの報告には、一日の疲れも吹っ飛び、心地よく家路につきました。
今回の相談会開催に関しては、和泉市役所、泉州支部をはじめとした行政相談委員の皆さま、そして近畿管区行政評価局の方々に、計画段階から当日の運営・相談対応に至るまで多くのご協力をいただき、心から感謝申し上げます。

参加者
○ 相談担当者(弁護士・税理士・日本年金機構・司法書士・男女共同参画担当委員)
○ 和泉市職員(市長公室いずみアピール課ほか)、忠岡町職員
○ 近畿管区行政評価局職員
○ 相談業務・広報・ホームページ運営の各委員会委員ほか泉州支部委員

報 告   相談業務委員会 土原


このページの先頭



堺一日合同行政相談所 開設

日 時  平成28年10月19日(水) 午前10時30分〜午後4時
場 所  堺市南区 泉北高速鉄道泉ヶ丘駅前 泉北パンジョ5階 パンジョホール


朝から秋の澄んだ青空が美しいこの日、堺市泉北地域で最も賑わいのある泉ヶ丘駅前のショッピングモール「パンジョ」で10月恒例となった一日合同行政相談が行われました。
堺市の行政相談委員全員が10時開店を待って5階のホールに着くと、すでに行政評価局行政相談課の職員さんたちが会場の設営を済ませておられ、すぐに開所式が行われました。

茂垣局長ご挨拶

茂垣局長さんのご挨拶が始まった頃には多数の相談者が待合室に詰め掛けていて、早々に相談受付を開始しました。
私たち行政相談委員は受付と案内を担当しました。午前中は相談者が多かったものの、相談を受ける側の体制が充実してきたのと、受付の時点で相談者の同意を得てできるだけ待ち時間の少ないブースへ振り分けたことが功を奏し、待ち時間のことで不満を聞くこともなく順調に進めることができました。

相談ブース風景

ブース別受付状況一覧表



1週間前の街頭キャンペーンのあと、一日合同行政相談所運営について行政相談課と行政相談委員との間で意見交換の場を持ち、これまでの問題点の洗い出しや改善の方策、業務分担の見直しなどについて真剣に話し合いました。

今年は行政相談課の工夫で、相談ブースごとの待ち人数が一見してわかる受付状況一覧表が張り出され、終わった人の消しこみが逐次なされたので、行政相談委員はこれを見て相談の振り分けを効率的に進めることができました。そして4時終了時の相談受付件数は190件(速報値)となり、今年の一日合同相談は終了しました。


参加者〕 近畿管区行政評価局 茂垣局長、行政相談課 楠本課長ほか相談課職員、
堺地区行政相談委員
〔相談対応機関・団体〕 大阪法務局・日本年金機構・堺市ほか大阪弁護士会・大阪司法書士会など12の機関・団体
 
〔報告者〕 堺市堺地区担当行政相談委員 出原 康雄


このページの先頭



大東市合同行政相談所の開設

と き:平成28年10月18日(火)午後1時30分〜4時
ところ:ポップタウン住道オペラパーク 「出合いの広場」


大東市では、行政相談週間の一環として、合同行政相談を実施しました。


合同行政相談を実施するにあたり、9月の市民まつり会場でのPR、広報「だいとう」にも記事を掲載していただきました。
定例の行政相談は、市役所の市民相談室と生涯学習センターで行っていますが、今回は市内のショッピングセンターのフロアをお借りして、合同行政相談所を設けました。

相談所

相談所はショッピングセンターの入口にあり、買い物ついでに気軽に相談できる雰囲気で、年金、相続、道路改修等の相談がありました。
会場の周辺では、行政相談の啓発物品とマスクを配布しながら、合同相談所の案内も行いました。

会場周辺でPR

相談の様子

参加者
大東市行政相談委員  丸釼須美子、向井博子、岡ア信久、 
日本年金機構 守口年金事務所職員、
大東市役所 秘書広報課 野村課長、平岡課長補佐、保険年金課職員、

報告者 岡ア信久


このページの先頭


吹田市役所で特設行政相談所を開設

日 時: 平成28年6月24日(金) 午前10時〜午後3時
場 所: 吹田市役所 1階 市民総務室前


6月24日(金)、吹田市役所において特設相談所を開設しました。
これまでも「献血」や「マイナンバー相談」が同時に開催され、各ブースを利用される方々の動向がお互いに気になる間柄ではありましたが、今回は「参議院議員通常選挙の期日前投票」という強力なライバル(!?)ブースが新たに設けられたことから、行政相談ブースは正面玄関ロビーから市民総務室前に位置を変えての開設となりました。

多くの方にご利用いただきました。

開始早々はブース位置の変更による影響が気になるところでしたが、広報グッズの配布を併用した来庁者へのきめ細かな声かけと館内放送による案内の効果もあって、午前中から予想以上の相談者が立ち寄られました。

熱心に耳を傾ける行政相談委員の対応に、次第に明るい表情になっていく相談者が多く、憂鬱な気分も当日の強い雨と一緒に水に流れたのかなと少しホッとした気持ちで背中を見送らせていただきました。
ご多忙の中、今回も開設準備や広報等でご支援いただきました市民部をはじめ、吹田市役所の職員の皆様にお礼を申し上げます。

参加者:
吹田市担当行政相談委員
(諏訪孝子、内海純子、由佐満雄、寺辻健治、渡邉達雄)
吹田市役所担当職員
近畿管区行政評価局

報告者:吹田市担当行政相談委員一同

このページの先頭




大阪行政相談委員協議会

〒540-8533
大阪市中央区大手前4-1-67 総務省近畿管区行政評価局行政相談課内

TEL 06-6941-8358
FAX 06-6941-8988