本文へスキップ

大阪行政相談委員協議会は皆様の身近な相談相手です



TEL.
06-6941-8358 〒540-8533 大阪市中央区大手前4-1-67

総務省近畿管区行政評価局行政相談課内

平成29年度 イベントでのPR

 平成28年度 イベントでのPR
はこちらからご覧ください
市区町村が開催するまつり、産業フェア、緑化フェアなどのイベント会場において、啓発チラシ、啓発グッズ(ティッシュ・メモ帳・風船など)を配布しながら、行政相談をPRし周知を行っています。


第44回城東まつり

日 時: 平成29年8月26日(土) 午後1時〜5時
場 所: 蒲生公園(大阪市城東区)
朝からの大雨が心配されましたが、午後からは雨も上がり、猛暑も少し和らいで第44回城東まつりが開催されました。

会場風景


今年も昨年に引き続き、会場となっている蒲生公園の隣に、新設された城東区役所総合庁舎も会場となり、屋内と屋外の両方を使った催しの広がりを持った城東まつりになりました。

会場風景

行政相談ブースでは、昨年も大好評だった「スマートボール」コーナーを中心に、集まってきた子供たちにはヘリウムガスの入った風船と、つきそいの保護者の皆さんには行政相談のリーフレットやティッシュを配って行政相談のPR活動を行いました。

今年は風船が飛ばないようにおもりの台紙を用意したので、風船が飛んでいってしまうことは防げました。(台紙に風船をつけるため、昨年よりは忙しくなりましたが---)。行政相談コーナーには、長い列ができ、対応に大忙しでしたが、子供たちの歓ぶ声に、風船は飛ばないものの、疲れは飛んで行ってしまいました。

民生委員児童委員の皆様、城東区役所の
皆様との記念写真


暑い中、関目東地区民生委員児童委員協議会の皆さん、城東区役所総務課の皆さんのご協力をいただきました。本当にありがとうございました。

参加者:
○関目東地区民生委員児童委員協議会の皆様
○大阪市城東区担当行政相談委員
○城東区役所職員の皆様
○近畿管区行政評価局職員

報告者:近畿管区行政評価局行政相談課

このページの先頭


枚方まつりで行政相談をPRしました

日 時: 平成29年8月26日(土) 午後1時〜午後4時
場 所: 枚方市民会館大ホール前

早朝に降っていたという雨の余韻はすっかりと消えて、今年も夏の風物詩「枚方まつり」が開幕しました。
今夏は「みんなでつなげよう明るい笑顔〜輝かしい未来のために〜」をテーマに実施され、多数の市民が参加する催しとずらりと並んだ露店やブースから発せられる威勢の良いかけ声に、老若男女を問わず、来場された方々から笑顔がこぼれていました。

さて、行政相談制度及び10月14日(土)に催される「行政と暮らしの一日相談所」のPR活動を行うべく、行政相談委員と市役所職員を中心にカラフルな風船やポケットティッシュ等の広報啓発グッズを揃えて、今回も市民相談ブースは準備万端で臨みました。


相談ブースの様子



顔出しパネルも活躍しました

途中、市民相談ブース前には地元のゆるキャラ「みっけちゃん」も現れて、お子さんを連れたご家族等が集まりました。なにわ亭相談丸の顔出しパネルを使って、記念撮影をされる方もいらっしゃいました。


また、相談のためにお立ち寄りいただいた方もおられ、お話を伺うこともできました。
今年度、市制施行70周年を迎える枚方市。そのお祝いムードも手伝って、会場の各所で同市職員の方々が熱意溢れる活躍をされる姿が見受けられましたが、我らが市民相談ブースでも、例年に増してご担当課の皆様から、厚いご支援をいただきました。
猛暑の中、参加及び支援いただきました皆様にはお礼を申し上げます。

参加者:
枚方市担当行政相談委員
(明智英彦、交久瀬和広、堀岡良之、藤原なつみ、村岡由美子)
枚方市役所職員の皆様
近畿管区行政評価局職員

報告者:枚方市担当行政相談委員一同


このページの先頭


大阪市旭区民まつりで行政相談をPR

日 時 8月26日午後4時から
場 所 旭公園グラウンド


内 容
薄曇りで暑さがゆるむ旭公園グラウンドで第43回旭区民まつりが開催されました。会場内のテントを借りましてのPR活動でありました。今年は、あさひこども食堂ネットワーク事務局とテントが一緒になりました。
こども食堂は、子どもたちの交流の場として、また一緒に食事ができる場としてNPO法人や個人の方々により旭区内5か所で開いています。活動への応援をお願いしていました。

行政相談のブース

風船をどうぞ

テントの場所が昨年とは違い人の流れも変わり、啓発物品の配布には少し時間がかかりましたが、来場の皆様にはこころよく配布物品をお受け取りいただき、1時間後には全部の配布が終わりました。
配布物品の風船はやはり子どもたちには大人気でした。相談もお受けして充実した啓発活動の一日でありました。
旭区役所職員の皆様には色々とご支援をいただきましたこと厚くお礼を申し上
げます。

啓発物品を配布

旭区役所の皆様と一緒に

参加者
行政相談委員 奥小路了、五島常武
旭区役所   広聴相談係長 仙田春城 酒井修平

報告者 五島常武
このページの先頭

「区民フェスタ」会場で行政相談と行政相談委員制度をPR

日 時: 平成29年8月19日(土) 午後3時〜午後4時30分
場 所: 堺市立深井中学校会場(校庭)

 堺市中区区民フェスタ実行委員会の主催による第25回「区民フェスタ」が残暑厳しい
平成29年8月19日(土)に三会場(深井中学校校庭、中区役所、ソフィア・堺)で
開催されました。このうち、深井中学校校庭はメイン会場になっており、盆踊りの櫓や
各ボランティアの模擬店が多く設置され、人、人、人で賑わい、活気にあふれていました。

メイン会場のゲート

会場へグッズの風船を運ぶ委員



 堺地区行政相談委員会(堺市担当行政相談委員14名で構成。以下「堺行相会」と言う。)は、メイン会場の深井中学校校庭において残暑厳しい中、汗を拭きながら行政相談委員名記載のチラシ、ポケットティシュ、風船等の広報用グッズを来場者に手渡しました。
そして、子ども達から「ありがとう」の言葉をかけていただき、心が和み、暑さも一瞬、忘れました。
この広報活動は、行政相談と行政相談委員制度の周知度が少しでも高まり、定例的に
開設している相談所を利用していただけるよう願いながら実施したものです。
広報活動終了後、中区役所3階ロビーでペットボトルの冷たいお茶を乾いた喉に流し、
ほっと一息ついたうえで、集合写真を撮りました。

広報用グッズの配布風景

集合写真



最後に、堺行相会会長柴田惇子委員が「残暑厳しい中、お疲れさまでした。」と労いの
言葉がありました。


出席者 : 行政相談委員14名     
      近畿管区行政評価局職員1名
      堺市職員4名
報告者 : 堺市東区担当行政相談委員 

このページの先頭



第42回東成区民まつり

日 時: 平成29年8月6日(日) 午後2時〜5時
場 所: 東中本公園(大阪市東成区)
今年度も東中本公園で開催された「東成区民まつり」に参加して、行政相談のPR活動を行いました。

会場の様子


当日は猛暑にもかかわらず、「地車演技」や「東成区音頭」などのステージプログラムも目白押し。多くの区民の方々が会場を訪れ、大いに盛り上がりました。
会場では、行政相談委員制度のリーフレットとともに、広報グッズを多くの方に配布しました。今回も、「行政相談」を知ってもらう良い機会となりました。
 ご支援をいただきました東成区役所職員の皆様に御礼申し上げます。

参加者:
○東成区担当行政相談委員
○東成区役所職員の皆様
○近畿管区行政評価局職員

報告者:近畿管区行政評価局行政相談課

このページの先頭


豊中まつりで行政相談のPR活動

と き:平成29年8月5日(土)午後5時30分〜
ところ:豊中市豊島公園


今年も暑い夏がやってきました。「人と文化がふれあうまつり」をキャッチフレーズに、毎年行われる豊中まつりが、曽根の豊島公園で開催されました。

大勢の参加者 

風船をどうぞ

とても大勢の人で、皆さん笑顔がいっぱいです。そんな中、私たちは、啓発グッズのティッシュとメモ帳、リーフレットをセットにして、行きかう人に声掛けをして配りました。やっぱり風船は子どもたちに、人気です。膨らますのに大変でしたが、評価局からの応援もあり楽しく啓発活動を終えました

啓発グッズの配布

集合写真

参加者
豊中市担当行政相談委員 3人
豊中市広報公聴課職員 3人 
近畿管区行政評価局行政相談課担当職員 1人

報告者:渡邉美代子

このページの先頭

第43回まつばら市民まつりで広報活動

日 時:平成29年8月5日(土)午後4時から
場 所:松原市中央公園


松原市担当行政相談委員は今年で43回を数える「まつばら市民まつり」に初めて参加し、特設相談所の設置とPRを行いました。
初めての取り組みで心配しておりましたが、テントは事前に実行委員会で設置。そして前日の準備は風船を膨らすだけ、この作業も民生委員児童委員協議会が用意しておられたコンプレッサーを借りることが出来、あっという間に準備万端。

相談丸にご満悦

風船に行列



当日は連日の猛暑の中にも拘わらず市民の方々が会場に来られ、用意していた広報ティッシュやメモ帳、風船は瞬く間に捌けました。そして顔出しの相談丸はウワサ通り人気上々でした。

集合写真

市民まつりを通じて「行政相談」を知っていただく良い機会になりました。

参加者 
松原市行政相談委員 3名
近畿管区行政評価局行政相談課 楠本課長
相談業務委員会支援サポーター 吉田
松原市 担当課長はじめ  3名の職員
報告者 藤田毅



このページの先頭


第43回住之江まつり

日 時: 平成29年7月9日(日) 午前10時〜午後2時
場 所: 住之江区役所


今年度も住之江区役所で開催の「住之江まつり」に参加して、行政相談のPR活動を行いました。
当日は曇り気味で、時折小雨も降っておりましたが、多くの区民の方々が会場を訪れ、まつりは大変にぎわいました。

会場ブースにて(準備中)

行政相談をPRする高田委員(奥)と若山委員(手前)



会場では、行政相談のリーフレットとともに、広報グッズを多くの方に配布しました。今回も、「行政相談」を知ってもらう良い機会となりました。
ご支援をいただきました住之江区役所職員の皆様に御礼申し上げます。

参加者:
○住之江区担当行政相談委員 高田委員、若山委員
○住之江区役所職員2名
○近畿管区行政評価局職員
報告者:近畿管区行政評価局行政相談課



このページの先頭




2017年・広報啓発活動「東田辺ほたるの夕べ」

平成29年6月11日(日)午後4時30分から大阪第二支部・東住吉区の東田辺小学校で東田辺フォーラム主催「ほたるの夕べ」がありました(写真@)。
今回、初めて広報活動の一つとして、東田辺の人々にもっと、「行政相談」と言うものを知って戴くために啓発運動を行いました。行政相談のセット500組を局から用意して戴きました。前日の「プレほたるの夕べ」で200組が配布され、当日の「ほたるの夕べ」では300組用意した配布品が僅か30分程で全部なくなりました(写真A)。

写真@

写真A



「ほたるの夕べ」は今年で18回目を迎え、毎年2000人位の校下の児童、保護者、家族、東田辺小学校の同窓生が集まり、そこに地域の女性部や各種団体、校下の中学校等が加わり、一丸となって、模擬店(写真B)や音楽演奏(写真C)を催し、今では東田辺のイベントの一つになっています。

写真B

写真C



今回の啓発品で、どれくらいの皆様が「行政相談」を知って下さったかなぁ〜と思います。好評であれば来年も東田辺小学校だけでなく、可能であれば今年度のイベント等が行われる区内の他の小学校でも啓発活動を行いたいです。

(広報・乾  敦子)

このページの先頭





河内長野市民まつり

と き: 平成29年5月14日(日)午前10時〜午後4時30分
ところ: 河内長野市赤峰市民広場

 河内長野市の行政相談委員は、河内長野市民まつりにおいて、河内長野市人権協会等関係機関の支援を得て、ブースを設け、行政相談制度のPR活動を行いました。
当日は、お天気にも恵まれ多数の来場者があり、広報ティッシュやメモ帳、風船を多くの方々に配布し、行政相談のPR活動を行いました。また、PR活動中に、島田智明市長からも激励いただきました。

委員の集合写真

河内長野市長の激励(市長との集合写真)


ご支援いただきました皆様に厚くお礼を申し上げます。

参加者 
河内長野市担当行政相談委員
矢倉芳彦、河原純子、阪谷匡亮
近畿管区行政評価局 行政相談課(楠本)

報告者:事務局


このページの先頭

岸和田市民フェスティバルでPR活動実施

と き:平成29年5月3日(水)午前10時〜午後3時
ところ:岸和田市中央公園


第40回を数える恒例フェスティバルが五月晴れのもと、アドバルーンが揺れる会場に本年も岸和田市担当行政相談委員が出向き、特設相談所の設置とPRを行いました。

特設相談所


朝8時半からテントの設営とPRグッズの風船に空気入れるなど準備作業の後、集まり始めた多数の市民に、ポケットティッシュ、メモ帳、子供たちには風船の配布を行いました。
残念というか幸いというか?行政相談についての説明パネルを熱心に見て、質問する市民もありましたが、行政相談は一件もありませんでした。

小さい子ども連れの家族には用意した「顔出しパネル」は人気が高く、スマホで写真を撮る家族が目につきました。

顔出しパネル

会場の様子



参加者:岸和田市行政相談委員4名
     行政評価局 担当職員
岸和田市 担当課長はじめ5名の職員
報告者:池田忠司



このページの先頭

第34回吹田産業フェアで行政相談をPRしました

日 時: 平成29年4月8日(土) 午前11時00分〜
場 所:吹田市役所駐車場、吹田市文化会館(メイシアター)、いずみの園公園


4月8日(土曜日)、第34回吹田産業フェアが盛大に開催されました。

第34回吹田産業フェア

吹田市内の事業所オリジナル商品の展示や事業内容のPR、市内事業所自慢の商品の販売や吹田市の友好交流都市の出展コーナー、飲食が楽しめるフードコート、特設ミニステージなど、
盛りだくさんの企画や出店が目白押し。当日は、雨にもかかわらず、来場者の方が非常に多く、会場内はどこもにぎやかで、活気に溢れていました。



行政相談制度のPRでは、行政相談委員と吹田市市民部の担当者の方々が、「行政の困りごとがあればご利用ください」と声をかけ、広報啓発グッズをお渡しし、来場された多くの方々にPRすることができました。
ご支援いただきました皆様に御礼を申し上げます。

行政相談PRの様子@

行政相談PRの様子A



参加者:
吹田市担当行政相談委員4名
吹田市市民部の皆様
近畿管区行政評価局行政相談課
報告者:近畿管区行政評価局行政相談課



このページの先頭

関西大学スプリングフェスティバルでPR活動

日時:平成29年4月2日(日)午前10時〜午後3時
場所:関西大学千里山キャンパス


関西大学ホームカミングデーのスプリングフェスティバルで行政相談ブースを設けていただき行政相談活動を来場者の皆様にPRしました。
20年近く前から続いている恒例のPR活動であります。このPR活動がきっかけとなり、大阪府内各地で開催される市民・区民まつりなどのイベント会場においても行政相談をPRする活動へと広がったようです。

ステージでは合唱の発表

野点もあり気分もリラックス



天気も良く親子連れ、家族、卒業生など多数の皆様がフェスティバルに訪れていました。会場ではステージで音楽が演奏され、また校友会各支部による物産展・バザーのテントブースが設けられていました。

風船を膨らませて準備OK

啓発用のティッシュ、マスク、風船を吹田市担当行政相談委員、吹田市職員、近畿管区行政評価局職員及びNPO法人相談・調査業務関西サポートセンター会員が協働して配りました。
啓発物品をお受け取りいただいた幾人もの皆様から「行政相談とは?」との質問がありました。行政相談の役割をご説明してお気軽に相談いただくようPRしました。



子どもには風船は大人気。

若者にも風船は大人気



啓発物品では風船が子ども、若者に大人気でありました。ゴム風船に冨田委員から提供されましたヘリウムガスを使って多くの風船を膨らましました。
用意した啓発物品は全て来場者皆様にお受け取りいただきました。

若い人たちにも行政相談をPR

会場のあちこちに目立つ行政相談の風船



参加者の集合写真

多くの来場者の皆様に行政相談を知っていただく機会になったものと思います。
PR活動の参加者皆様、大変お疲れ様でした。



参加者
行政相談委員:
諏訪孝子、由佐満雄、渡邉達雄、寺辻健治(以上吹田市担当)
冨田 準(大阪市城東区担当)
吹田市職員:
市民部次長 森本 茂、市民総務室参事 柿本卓志、市民総務室係員 後藤高子
近畿管区行政評価局:
行政相談課長 楠本次郎、係長 遠藤 巧、行政相談官 大森明美
NPO法人相談・調査業務関西サポートセンター:
細野勝明、西下政宏、安富幸子、山路千代子、柴田華子、吉田良平、五島常武


報告者 五島


このページの先頭

大阪行政相談委員協議会

〒540-8533
大阪市中央区大手前4-1-67 総務省近畿管区行政評価局行政相談課内

TEL 06-6941-8358
FAX 06-6941-8988