本文へスキップ

大阪行政相談委員協議会は皆様の身近な相談相手です



TEL.
06-6941-8358 〒540-8533 大阪市中央区大手前4-1-67

総務省近畿管区行政評価局行政相談課内

平成29年度 行政相談所活動

 平成28年度 行政相談所活動
はこちらからご覧ください

毎月実施している定例相談とは別に、10月の行政相談週間を中心に一日合同相談所及び特設相談所を開設しています。
また、日頃買い物をする商店街や集客施設などに「暮らしと行政なんでも相談」相談所を開設し、国の仕事のことや身辺の困りごとなどの相談をお受けして、その解決や実現の促進を図っています。
相談項目は行政相談・年金相談・法律相談・税務相談・登記相談などです。



平成29年度「暮らしと行政なんでも相談所」の開設

日  時 : 平成29年11月16日(木) 午前10時〜午後4時
場  所 : 大阪市北区役所区民交流プラザ(1階)
相談受付項目 : 法律、税金、年金、登記、行政、男女共同参画など
 
大阪行政相談委員協議会は、平成21年度から「行動する地相協」、「実践する行政相談委員」をモットーに社会貢献活動として「暮らしと行政なんでも相談所」を開設しております。今回で10回目を迎えました。
同協議会は、同相談所開設に伴う広報用グッズとしてポスター、チラシ、ポケットティッシュ等を作成しました。
なお、同協議会相談業務委員会は、相談所開設に漕ぎつけるために打合せ会議を4回開催しました。


開所式における主催者挨拶

同協議会は、地域住民に相談所開設を知っていただき、相談所の利用を呼びかけるとともに、この機会に行政相談制度並びに行政相談委員制度の周知を図るために次のような具体的な広報活動を実施しました。


@開催地の大阪市北区をはじめとする各区の「広報誌11月号」への掲載依頼、
A11月9日 広報委員会及び相談業務委員会合同による事前の街頭キャンペーンで広報用グッズを配布、
B11月16日 開設当日に開催地を含む大阪第1支部の行政相談委員による街頭
キャンペーンで広報用グッズを配布


これらの街頭キャンペーンは、相談所会場がある北区役所周辺及びJR天満駅、全国一長いと言われている天神橋商店街において行いました。
なお、このほか大阪市北区担当行政相談委員のご尽力により地域おける女性団体の皆様方にも広報用グッズの配布にご協力いただきました。


天神橋筋商店街で街頭キャンペーン実施




このように相談所開設に当たっては、弛みない広報活動を積み重ねていくことが必要になり、御協力いただいた皆様に感謝、感謝です。

相談所開設当日は、晴天に恵まれましたが少し肌寒い一日でした。
関係者一同が相談会場において午前9時50分から開所式に臨み、相談業務委員会井上委員長の司会のもと、同協議会白國会長の主催者挨拶、続いて相談会場を提供していただいた大阪市北区上野区長の相談所開設などに対するお礼の挨拶、後援機関を代表して角田近畿管区行政評価局長のご挨拶をいただきました。

午前10時から相談受付が始まり、数人の相談者が来訪し、相談内容によって少し待っていただくことになりました。


相談受付風景

相談風景



その後は相談者がちょうど良い時間間隔で訪れ、長く待っていただくことなく、予定時間の午後4時に終了いたしました。今回は53件の相談事案がありました。

行政相談制度並びに行政相談委員制度のPR映像を見つめる相談待機者


ちなみに、待合席のコーナーには、テレビにパワーポイント「困りごとはないですか?」のスライドショーやDVD「総務省の行政相談」を映し行政相談制度及び行政相談委員制度のPRも行いました。待機していただいた相談者が映像画面に目を向け、うなずいている光景も見受けられました。



訪れた相談者に対して親切、丁寧に対応していただいた関係者の皆様に心からお礼と感謝を申し上げます。

なお、相談所終了後の反省会は、和気あいあいと話が弾み、相談に訪れた方から「今日、相談に来て良かった。ありがとうございました。」とお礼の言葉をいたたき、一日の疲れも吹っ飛びましたとの声も聞かれました。
また、反省会では来年の相談所開設についても話題に出ておりました。

出席者の集合写真




最後に、今回の「暮らしと行政なんでも相談所」開設・運営等に際してご尽力いただいた大阪市北区役所職員、同協議会第一支部の行政相談委員、同協議会広報委員会の行政相談委員並びに近畿管区行政評価局の方々には、心からお礼と感謝を申し上げます。

相談所への参加者 :
相談担当者
弁護士、税理士、司法書士、男女共同参画担当委員、大阪市北区担当行政相談委員、日本年金機構、近畿管区行政評価局行政相談官

運営担当者
相談業務委員会委員 10名、近畿管区行政評価局職員 4名

報告者 : 相談業務委員会委員長 井上 礼子


このページの先頭


貝塚市特設相談所を開設しました

と き: 平成29年10月22日(日)午前10時〜12時
ところ: コープ貝塚 

平成291022日、貝塚市のコープ貝塚で、貝塚市担当の行政相談委員が特設相談所を開設しました。

活動準備の様子

広報活動の様子



当日は、近畿地方に台風21号が接近していた影響で、強い雨が降っていましたが、買い物に来られたお客様に行政相談の広報グッズや貝塚市役所で実施している行政相談委員の定例相談所のチラシを手渡し、行政相談制度のPRを行いました。
今回の広報活動の実施にあたって、活動場所をご提供いただきましたコープ貝塚の皆さま、ご協力をいただきました貝塚市広報交流課の皆さまに厚くお礼申し上げます。
今後もこのような多くの方が訪れる場所でPRできればと思います。
参加者:
貝塚市担当行政相談委員2名
貝塚市広報交流課
近畿管区行政評価局行政相談課

報告者:行政相談課

このページの先頭


大東市合同行政相談所の開設

と き:平成29年10月17日(火)午後1時30分〜4時
ところ:ポップタウン住道オペラパーク 「出合いの広場」

大東市では、行政相談週間の一環として、合同行政相談を実施しました。
合同行政相談を実施するにあたり、大東市のホームページや広報「だいとう」に記事を掲載していただきました。


相談の様子

会場周辺でPR



定例の行政相談は、市役所の市民相談室と生涯学習センターで行っていますが、今回は市内のショッピングセンターのフロアをお借りして、合同行政相談所を設けました。相談所はショッピングセンターの入口にあり、買い物ついでに気軽に相談できる雰囲気で、年金、相続、登記等の相談がありました。

集合写真


会場の周辺では、行政相談の啓発物品を配布しながら、合同相談所の案内も行いました。


参加者
大東市行政相談委員
向井博子、野村耕造、岡ア信久、 
近畿管区行政評価局
大森行政相談官
日本年金機構
守口年金事務所職員、
大東市役所
秘書広報課 野村課長、中村上席主査、保険年金課職員、

報告者 岡ア信久


このページの先頭

吹田市役所で特設行政相談所を開設

日 時: 平成29年6月23日(金) 午前10時〜午後3時
場 所: 吹田市役所 1階 市民総務室前

6月23日(金)、吹田市役所において特設相談所を開設しました。
今回も、同日に実施されていたライバル(?)の献血ブースを遠くに眺めつつ、我らが行政相談ブースは市民総務室前に設けられました。

特設相談所の様子


梅雨の最中にも関わらず、当日は朝から真夏のような日差しが降り注ぎ、気温もぐんぐん上る天候となりました。
そのため、徒歩や自転車で来庁される方を中心に、出足が気になるところでしたが、広報啓発グッズを用いた行政相談委員による声かけや、市役所のご協力による庁舎内放送の効果もあったのでしょう、開始早々から何人もの方がご相談に立ち寄られました。
お忙しい中、行政相談ブースに足を運んでいただきました後藤市長をはじめ、開設準備から当日運営に至るまでご支援いただきました吹田市役所の職員の皆様にもお礼を申し上げます。


参加者:
吹田市担当行政相談委員
(諏訪、内海、由佐、寺辻、渡邉)
吹田市役所担当職員
近畿管区行政評価局

報告者:吹田市担当行政相談委員一同


このページの先頭



このページの先頭へ

大阪行政相談委員協議会

〒540-8533
大阪市中央区大手前4-1-67 総務省近畿管区行政評価局行政相談課内

TEL 06-6941-8358
FAX 06-6941-8988