本文へスキップ

大阪行政相談委員協議会は皆様の身近な相談相手です



TEL.
06-6941-8358 〒540-8533 大阪市中央区大手前4-1-67

総務省近畿管区行政評価局行政相談課内

平成30年度 出前教室・出前講座

 平成29年度 出前教室・出前講座
はこちらからご覧ください

小学校、中学校を対象とした出前教室や、高校、大学、地域などを対象とした出前講座を開催し、行政相談のPRを行うとともに、行政に関する苦情やご意見・ご要望をお聴きしています。



大阪区民カレッジで行政相談活動をPR

日時:平成30年12月3日(月)午後1時30分から15分
場所:大阪市中央区民センター
受講者:260名


 NPO法人大阪区民カレッジ(http://www.osakakumin.org/)の合同講義の場を
お借りして行政相談活動をPRしました。
 同NPO法人は、「健康・学習・信頼・感謝・貢献」という五つの輪を結び、仲間と共に健康で生きがいのある人生を送るために活動することを理念としています。7校の受講者が集まる合同講義を利用させていただきPR活動を実施しています。

パワーポイントで行政相談活動を説明


 合同講義が始まる前の時間帯をいただき、パワーポイントで行政相談制度、行政相談
委員制度を説明しました。また、気軽に地域にいる行政相談委員に相談していただくことを話しました。



 回収した感想アンケートには、
「日常の困り事、相談出来る事が分かり、一人住まいのため少し安心です。」
「行政相談委員のことを全く知らなかったので参考になった。」
「災害時の行政相談とは、どのようなことを相談されるのですか?」等々がありました

会場風景


 短い時間での行政相談のPR活動でありましたが、「行政相談」が受講者皆様の脳裏に
残り知っていただいたと思います。
 最後に、大阪区民カレッジの皆様には、
行政相談のPR活動に対していつもながら
ご支援ご協力をいただきましたこと厚く
お礼申し上げます。



 ちなみに合同講義のテーマは「タコヤキから大阪の文化と社会を考える」(講師:追手門学院大学名誉教授重松伸司氏)でありました。家庭のたこ焼きに関する意識調査では、たこ焼器の保有率は大阪では90%(全国平均67.4%),東京では48%であるとか、たこ焼きのルーツのこと、アジアのタコヤキのことなど、たこ焼きの本場に住む者とって興味深いものでありました。

出席者:
○近畿管区行政評価局 行政相談課
武藤課長補佐、上根係員、春田係員
○行政相談委員 五島


報告者 五島


このページの先頭へ



大阪市立淀川中学校で出前教室を開催

と き: 平成30年11月28日(水)14時30分から15時20分
ところ: 大阪市立淀川中学校(大阪市都島区)


 大阪市都島区にある市立淀川中学校で3年生の3クラス・107人を対象に行政相談
出前教室を行いました。
 初めに、近畿管区行政評価局行政相談課職員から、パワーポイントを使って、「行政とは何か」、「行政のしくみ」、「行政相談について」などの説明が行われました。

行政の仕組みについて説明する
近畿管区行政評価局行政相談課職員

行政相談について説明する
近畿管区行政評価局行政相談課職員



 次に、行政相談委員の紹介があり、南委員から、「困った時は一人で悩まず、街の中には行政相談委員をはじめ、相談を聞いてくれる人がいるということを知ってほしい」との話がありました。西川委員からは信号機やバス停に関する相談事例について話がありました。

都島区での委員活動について説明する
南委員

都島区での相談事例について説明する
西川委員



 出前教室の最後に二上校長先生から、「みなさんも社会の一員であり、社会とつながっています。みなさんの声が社会を明るく変えることになるということを覚えてください。」というお話があり、大変印象的でした。
 淀川中学校3年生担当の先生方々には、出前教室の開催にあたり、ご協力を頂き、誠にありがとうございました。

参加者:大阪市都島区担当行政相談委員(2名)
    大阪市都島区役所職員(2名)
    近畿管区行政評価局(3名)

報告者:近畿管区行政評価局行政相談課

このページの先頭へ


行政相談出前講座(和泉市)

日 時: 平成30年10月11日(木) 午前10時30分〜11時20分
場 所: 伯太会館 1階集会室
和泉市担当行政相談委員が、伯太校区社会福祉協議会 子育て支援ボランティアの皆さまを対象とする行政相談出前講座を開催しました。当日、駆けつけて下さった地域の方も合わせて、参加者は22名です。

出前講座の様子


まずは、近畿管区行政評価局から行政相談制度について、資料を用いて説明し、行政相談で解決した事例をご紹介しました。

また、行政相談委員から、和泉市で受け付けた行政相談事例をご紹介したところ、参加者から「行政相談」のことは知らなかったけれど、普段の生活で困ったと感じた時に、行政相談委員に相談できるということであれば、とても身近に感じるとのご意見を伺うことができました。

事例を説明する行政相談委員


質疑応答の時間では、参加者の方からいくつかのご意見やご要望を伺うことができました。
ご参加下さいました皆さまには大変お世話になりありがとうございました。

参加者:
 和泉市担当行政相談委員4名
 伯太校区社会福祉協議会 子育て支援ボランティア、老人会等の皆さま22名
 近畿管区行政評価局行政相談課2名
報告者:近畿管区行政評価局行政相談課

このページの先頭へ



大阪府高齢者大学校「現代社会を考える科」で行政相談をPR

開催日時:平成30年7月18日(水)午後1時から30分間
開催場所:大阪市教育会館
受講対象:現代社会を考える科受講生42人


熱中症が懸念される連日の酷暑の日、認定NPO法人大阪府高齢者大学校(https://osaka-koudai.or.jp/)「現代社会を考える科」の受講生の皆様に、行政相談活動を知っていただきご理解をいただくPR活動を実施しました。

説明する武藤課長補佐

先ずは、行政相談課 武藤課長補佐から「総務省の行政相談」などの資料に基づき、行政相談は「無料・秘密厳守」であること、関係行政機関に必要な斡旋を行い、その解決や実現の促進に努めていることなどを丁寧に説明しました。また五島行政相談委員からは、各地域には必ず行政相談委員が配置されており定例相談を開催しているので気軽にご利用いただくことを話しました。
受講生の皆様には、熱心に説明をお聴きいただき、終わりには拍手まで頂戴しました。
10月24日(水)には、同じ現代社会を考える科の皆様と行政相談懇談会を実施することになっており、その懇談会において使用する行政に関する苦情やご意見・ご要望を事前にお聴きするアンケート用紙を配付、説明してPR活動を終えました。

PR会場

受講生の皆様には暑さ厳しい折にも関わらず行政相談PRの機会をいただきありがとうございました。10月開催の行政相談懇談会もよろしくお願い申し上げます。

出席者:
近畿管区行政評価局 行政相談課長補佐 武藤 琢
行政相談委員 五島常武

報告者:五島
このページの先頭へ

大阪行政相談委員協議会

〒540-8533
大阪市中央区大手前4-1-67 総務省近畿管区行政評価局行政相談課内

TEL 06-6941-8358
FAX 06-6941-8988